過激でもキャッチーでもないけれど

【からだ寺子屋】として、「自分の身体ってすごい!愛おしい!ありがたい!」
というお話をじっくりとさせて頂くようになって、おかげさまで4年が経ちました。

今は検索すると、月経(生理)や心と身体の繋がりを伝えるセミナーがたくさん出てくるようになりました。
中にはずいぶん過激なタイトルや内容のものもありますが、それをどうこうっていう話じゃなくて、わたしからお伝えしておきたいことがあります。

 わたしのハナシ、過激でもキャッチーでもありません。 

だけど、からだへの愛はものすごいのですよ。(内臓憑依とか言われます。笑)

当たり前のことに、当たり前だからこそ感謝をこめることができる、ということ
例えば・・こうしてブログが書ける、見れることも、誰かに想いを馳せる、伝えることができる、
そんな風に、ただそれだけで素晴らしく愛おしいからだのことを、いたって普通に話します。

『え?なんだ!そんなこと?』
『あーそういえばそうだよね』

そんな話です。

そこに目を向けずに、一気に、早く、劇的にだけを求めても、からだもこころもあたまも、誰も喜んだりしません。

『過激でもキャッチーでもないけれど、たいせつな自分のためにできることは何なのか』
それを、あなた自身で実践できるように、全力で応援してお手伝いするのがわたしの仕事です。
そして、何よりわたしはこれからも、みなさんの大事な大事なからだちゃんの味方です 🙂